加圧シャツで普段の運動をもっと効率良くしよう!

せっかく運動をするのであれば、同じ回数、同じ時間でも効果を高めたいと誰もが思います。
加圧シャツと聞いても、実際普通のシャツと何が違うのだろうと疑問を抱いてしまう人は少なくありません。

実は、加圧シャツとは「姿勢を良くしたい」、「筋トレを効率的におこないたい」といった希望がある人におすすめのシャツなのです。

この記事では、そんな希望をお持ちの方に加圧シャツについて分かりやすく解説します。
具体的には、加圧シャツの選び方や加圧シャツの魅力、加圧シャツを利用する際の注意点、加圧シャツを使った運動・トレーニングのコツなどについて説明しています。
この記事を読めば、加圧シャツの魅力に気付き、あなたも素晴らしいボディラインを手に入れることができるかもしれません。

加圧シャツの選び方(何を基準に選べばいい?)

加圧シャツを購入する際に、どのようなことに注意すれば良いでしょうか。加圧シャツの選び方のポイントは3つあります。サイズと素材、そして抗菌・防臭の機能の有無です。これらを深く考えずに何となく加圧シャツを購入してしまうと、効果を感じられにくくなったり、運動や筋トレが続かなかったりします。

それぞれのポイントについて、どうしてチェックする必要があるのか詳しく説明していきます。ポイントをしっかりと抑えて失敗しない加圧シャツ選びをしましょう。

加圧の力(サイズ)を意識しよう

加圧シャツはその名の通り、身体に圧をかけて運動の効果を上げるシャツです。そのため、しっかりと加圧されなければ意味がありません。そのため、フリーサイズや大き目のサイズを選ぶべきではないということは容易に想像がつきます。

肩幅や胸囲、身長をしっかりと計測してから加圧シャツを選びましょう。また、加圧シャツを購入する際には自分の身体に合うものよりも少し小さめのものを選ぶと効果を感じやすくなります。

素材を確認しよう

加圧シャツに使われている素材を購入する前に確認することは大切なことです。例えば、加圧シャツだと記載されていても素材の強度によっては効果に差が出ることが考えられます。自分の体型よりも小さめを選んだのはいいけれど、着用する際にやぶれてしまったというのであれば話になりません。

また、愛用し続けていると加圧シャツが伸びてしまって使い物にならないなんて結果になってもいけません。加圧シャツは、スパンデックス繊維というポリウレタンが使われた素材のものが注目されています。素材は購入前に必ずチェックしておきましょう。

抗菌作用や防臭作用

加圧シャツは普通のシャツと比較しても価格が高めです。そのため、数着購入して長く利用することが考えられます。もし抗菌・防臭作用のないものを購入してしまった場合、どのようなことが想像できるでしょうか。

一生懸命、運動や筋トレした身体は汗を大量にかきます。その汗が付着した加圧シャツの臭いが次第に気になりだすことは目に見えています。「臭いから着たくない」といった抑制がかかってしまっては、せっかく習慣化しつつあったスポーツやトレーニングも止めてしまう可能性が出てきます。

加圧シャツとは?その魅力について

加圧シャツは加圧することによりリンパを刺激し脂肪燃焼の効果が期待されます。また、腹圧を加えることで体幹を鍛えやすくなるとも考えられます。加圧することで身体を引き締め様々なメリットを引き出すことができるのが加圧シャツです。

加圧シャツは使ったことがある人でなければ気付かないような様々な魅力が実にたくさんあります。まさに、これから運動したい人やトレーニングで理想の身体を手にしたい人にとっておすすめのアイテムと言っても過言ではありません。実際にどのような魅力があるのか4つのポイントに分けてまとめてみました。

保温効果が高まり運動能力の向上やケガ予防に期待できる

運動する際にウォーミングアップをすると思いますが、アップする理由は体温を上げて運動能力を高めるためや、筋肉を温めてケガしにくくするためだと考えられています。これらのことを考えると、加圧シャツを着用した際の保温効果でも同じような効果が期待されます。

運動能力の向上やケガ予防は結果的に、運動をより楽しむことや筋トレの効率化につながります。加圧シャツは着るだけで手軽にスポーツやトレーニングに必要な体温上昇をサポートしてくれるのです。

加圧されることで食べ過ぎを予防できる

腹部が加圧されることで、お腹がすいていても食べ過ぎてしまうことはありません。食べたいと思っていても程よく圧迫された胃腸には食べ物が十分に入る空間が減ってしまうので、結果的に腹八分目で抑えてしまうようになります。

また、腹部への加圧でシルエットもスリムに見えるため、鏡に映った自分を見て「太りたくない」という意欲が高まるというメリットも考えられます。一時的に痩せてみえるという点も、異性の友人に褒められる機会になるかもしれません。そうなれば、きっと「トレーニングを成功させたい」と強く思うはずです。

猫背の弱々しいイメージを払拭できる

猫背がクセになっている人は歩く時もデスクワークする時も無意識に猫背になってしまっています。どうにか矯正できないかと意識してみても気が付くと背筋が丸くなっていて自己嫌悪に陥るといった経験をしたことがあるのではないでしょうか。

加圧シャツは加圧することでそのような姿勢を修正し、正しい姿勢を維持することに役立ちます。また、正しい姿勢を維持できるようになれば、運動や筋トレ時に正しい姿勢のまま筋肉をつけることができます。将来的には加圧シャツを脱いでも正しい姿勢を維持できるようになる可能性があります。

加圧によりシェイプアップやインナーマッスルの強化に期待できる

腹圧を上げることで体幹を鍛えられ、加圧による身体への密着による保温効果で体温が向上することは先述しました。これらが理由で、シェイプアップやインナーマッスルの強化にも期待ができます。

腹圧が上がることで体内では常にちょっとだけ筋トレをしているような状態になります。また、体温が高くなることで代謝がよくなり脂肪を燃焼しやすくなります。引き締まった身体を手に入れるためのベストなボディーコンディションに近づくことができるのが加圧シャツのメリットとも言えます。

加圧シャツはどんな人にオススメ?

加圧シャツは実に様々な人におすすめできます。共通して言えるのは「自分に自信を持てない人」です。特に、体型がもとで自分に自信を持てていないような人には、ぜひ1度加圧シャツを試してみてもらいたいと思います。

効果を感じる前に、加圧されている感覚で身が引き締まる思いをする方もいると思います。そのような小さな成功体験を重ねていくことで着実に運動やトレーニングの効果を体感できるようになります。

太っていて自分の体型に自信がない人

太っていて、ダイエットに何度も挑戦している方、それでも失敗続きで気持ちが落ち込んでいる人には加圧シャツはおすすめです。体温の上昇は代謝をよくしますが、その結果汗をかきカロリーを多く消費します。

太っていて激しい運動はイヤだという人はケガや故障をしないようにまずは負荷の少ないカロリー消費の方法を探すべきだと思います。実は人間は寝ているだけでもカロリーを消費するので、まずは眠っている時に加圧シャツを着て基礎代謝を高めるというのもダイエットの初期にはおすすめできる方法なんです。

猫背で何となく頼りない雰囲気が漂っている人

姿勢が悪いと立っていても歩いていても何だか格好悪く見えてしまいがちです。猫背は習慣になりやすく、ずっと猫背でいると筋肉もその形状で固まってしまいます。そのような状態になると、いざ猫背を治そうと意識してもなかなか正しい姿勢を維持することが難しくなります。

そこで、加圧シャツで身体を引き締めることで正しい姿勢を維持しやすくなります。加圧シャツの伸縮性という特徴を利用してキレイな姿勢を手に入れてみてはいかがでしょうか。

細身の身体で健康的に見えないと言われる人

痩せ型で筋トレしてもなかなか身体が大きくならない、体重が増えないといった人にとっても加圧シャツは有効的と言えます。腹圧を上げることで体幹を鍛えやすくできます。特にシャツで覆われる胸部や腹部、背筋は体積が大きい分トレーニングの効果が出やすいと言われています。加圧シャツで体幹を刺激しながらトレーニングをすれば理想の身体に一歩近づくことができそうですね。

加圧シャツを着用する上での注意点

加圧と聞くと、なんだか注意しないと身体に悪いことや副作用もあるのではないかと心配になる方も少なくないのではないでしょうか。加圧シャツの注意点について調べてみると危険性を説明しているWebサイトも多く存在します。

実際のところ、大騒ぎするほどの危険性はないと判断できますが、その根拠と念のための注意点について説明していきたいと思います。

衣服圧のリスクと身体への負担について

加圧できる衣服に関しては、国民生活センターの資料(http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110408_1.pdf)で四肢の毛細血管や動静脈への圧迫や大腿部・膝の血流障害などが招かれる可能性があると情報が公開されています。ただし、これは体重がかかる下半身に関する衣服圧の例でありガードルやストッキングによる圧迫のリスクとして挙げられた例でした。

他にも加圧トレーニングのような負荷を高めるトレーニング方法に関する副作用と混同しているケースも考えられます。

コンプレッションウェアと比較しつつ安全への意識は高めたい

スポーツをする人がよく着ているコンプレッションウェアと加圧シャツの違いも気になります。2つのウェアは素材や着用感にはそこまで差がなく、加圧率も4%前後の差異とのことです。この4%の差が運動時にどれほど負荷になるかは言葉で説明しにくいところがありますが、それでも体重がかかる下半身と比較しても上半身の加圧シャツはリスクが少ないように感じられます。

加圧シャツを試したい方で副作用が心配だという方は「小さすぎるサイズを選ばない」「急な運動や負担の多い運動を着用開始時からしない」といった配慮をしてみることをおすすめします。また、加圧シャツでの事故に関しても国民生活センターなどに問い合わせてみると安心できます。

加圧シャツで効率良く身体を鍛えるコツ

最後に加圧シャツを着て効率よく身体を鍛えるコツをいくつかご紹介します。そもそも加圧シャツを購入したい方は少しでもトレーニングや運動の成果を効率的に出したいとお考えの方が多いかと思います。

加圧シャツを正しく着用して、上手に使いこなすことができるようになるために、こちらでお伝えするポイントにしっかり目を通して参考にしてください。

まずは加圧シャツを着てウォーキング

負荷の多い苦しい筋トレはなかなか続けることができません。負荷をかけるということはそれだけ筋肉にダメージを与えるということなので継続しようと思っても「今日は疲れているし」「時間も遅いし」と言い訳をしてトレーニングをしないまま一日を終えてしまうことは少なくありません。

そこで、まずは負荷を少なくして、その分を加圧シャツでカバーするという方法をおすすめします。加圧シャツはもともと少ない負荷でも効果的にトレーニング結果を出せるようにと考えられて作られたウェアだと言われています。そのため、まずはウォーキング時に着用し、正しい姿勢とインナーマッスルを手に入れてみてはどうでしょうか。

加圧シャツで負荷を与えた後は筋回復の時間も意識する

筋肥大やきれいなシルエットを得ることを目的に加圧シャツの購入を検討している方の場合、筋回復のための休息を意識する必要があります。筋肉は負荷をかけられ傷んだ後、損傷部分を回復させる際に肥大します。そのため、加圧シャツを24時間365日着ているような生活では十分な筋回復が見込めないことが想定されます。

負荷がかかって筋肉痛があるなと思ったらしっかり休むことで身体を効率よく鍛えることが可能です。

加圧シャツでムキムキボディに生まれ変わろう!

加圧シャツの選び方や魅力、おすすめしたい方、加圧シャツを着る際の注意点、筋トレ時におすすめしたい着用時のコツなどを説明してきました。このような記事を読んでいる間にでも加圧シャツを着ていれば身体が引き締まっていくと思うと、試してみて損はないと思いませんか。

まずは試しに数枚購入してみて、効果があれば体型が変わるのでまた異なるサイズを購入する必要性がでてきます。最初に購入する数枚分は効果を確認するための先行投資だと思って気軽に試してみることをおすすめします。トレーニングは加圧シャツなどのウェアももちろんですが、トレーニング方法自体もやってみなければ効果の有無や相性が分かりません。ムキムキボディを手に入れるためにも本当に変えるべきポイントは「試してみよう」という積極的な姿勢かもしれませんね。